ジュエルアップをキャンペーン価格の最安値を確認する

あなたは豆乳が飲めますか。豆くさくて飲めないという女性も大勢いますし、豆乳大好き!という女性も大勢います。しかし現在では多くのフレーバーで味付けされた調整豆乳が販売されており、ジュースのように豆乳を飲むことができます。昔ほど飲みにくさはなくなったのではないでしょうか。そんな豆乳が、バストアップに貢献してくれることは知っていても、何が作用して胸を大きくするのかまでは知りません。今回は豆乳とバストアップの関係について調べてみましょう。

イソフラボンの有無について

豆乳の原材料は大豆です。大豆には大豆イソフラボンと呼ばれる成分があり、これは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。つまり豆乳を飲めばエストロゲンを摂取したと同様と言えますね。エストロゲンの作用により胸が大きくなるため、外部からエストロゲンと同じ効果を持つ豆乳を摂取することで胸が大きくなると言えます。

どの豆乳をえらぶべきか?

豆乳と先ほどから言っていますが、豆乳にも種類があります。無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料、この3種類です。胸を大きくしたいのなら、大豆イソフラボンの含有量が多い豆乳を選べばよいだけです。この3つの中で最もイソフラボンが豊富なのが無調整豆乳、その次に調整豆乳、最後に豆乳飲料となります。胸を大きくしたいと思うのなら、どの豆乳を選ぶべきかもうおわかりですよね?

ただし無調整豆乳は飲み慣れていない人からすると飲みにくく、美味しいとは思えないでしょう。どうしても味が無理というのなら、豆乳をアレンジして飲むと良いでしょう。

いつ飲む?今飲む?

飲む豆乳の種類がわかったところで、効率的に胸を大きくするには豆乳をいつ飲めば良いのか考えてみましょう。答えは簡単、朝食後、朝です。基本的にはいつ飲んでも良いと言われていますが、朝は体が水分不足になっていますし、飲んだ豆乳全てとは言いませんが、ほとんどを吸収して活用することができます。朝食前に飲むことで満腹感を得ることもでき、朝食を少なめにすることもできますからダイエットにも役立ちます。

豆乳は1日にどれくらい飲めば胸に効果が現れるのか?

胸を大きくするために豆乳を飲むのだから、たくさん飲むに越したことはない、と思っている女性も少なくありません。しかし大豆イソフラボンの摂取量には注意が必要です。大豆イソフラボンは体にメリットのある成分ですが、摂りすぎるとホルモンバランスの乱れや生理周期を乱すなどトラブルが起きます。やみくもに飲めば良いわけではなく、サイズアップに必要量だけを飲みましょう。それは1日あたり70mlから75mlと言われています。無調整豆乳1本飲んでイソフラボンが68㎎前後ですから、1日1本豆乳を飲んでいればそれで充分です。日本豆乳協会はパック豆乳を1日2本まで飲んでも大丈夫だと言っています。ただ食事などから大豆製品を摂取する可能性がありますから、やはり豆乳は1日1本に留めておいたほうが良さそうですね。

まいにち豆乳のススメ

小胸さんは毎日豆乳を飲むことをおすすめします。バストマッサージもツボ押しも良いですが、最も簡単な飲食するだけで胸が大きくなるのは魅力的です。無調整豆乳が飲みにくい場合はアレンジレシピを検索してピックアップすると、豆乳ドリンクがたくさんヒットしますから、試してみると良いでしょう。


ジュエルアップをキャンペーン価格の最安値を確認する